• 整体院 優合(ゆうごう)

坐骨神経痛の原因はふくらはぎ?

更新日:2020年8月19日

こんにちは。

院長の落合です。


今日も院のデスクから ブログを書かせてもらってます。


今日は坐骨神経痛ついて書かせていただければと思います。


一般的に坐骨神経痛というと、

お尻にある筋肉の一つである梨状筋が固くなって、

坐骨神経という神経を圧迫するので痺れや痛みが出てくる。

と言われています。


なのでお尻をマッサージすると痺れや痛みが軽減し、

症状が改善していきます。



ですが、お尻をマッサージやストレッチしても痺れや痛みが

軽減しない方がいます。


こんな時には原因がふくらはぎにある方がいらっしゃいます。


なぜ?


詳しくはnoteに書かせていただきました。

興味のある方はちょっと覗いてみてください。

noteだけど有料記事ではないですよ。

無料で見れます!

https://note.com/yuugou/n/nf3cfea496703

こちらをクリックしてnoteにアクセスしてみてください。



荒川区・台東区・文京区・北区で、

腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで

        ↓↓

日暮里の【難治性腰痛】専門

整体院 優合 日暮里院

090-8460-7555

「はい、整体院優合です!」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 院長の落合です。 今日も院のデスクから ブログを書かせてもらってます。 「坐骨神経痛」「慢性腰痛」の痛み痺れでお悩みのあなたへ。 その症状、実はお尻の筋肉が原因かもしれません。 坐骨神経痛はお尻の筋肉の奥にある「坐骨神経」という神経が、 硬くなったお尻の筋により圧迫されると出てくる事が多いと言われています。 慢性腰痛の方はご自分のお尻が固くなっているのを自覚されている方が多いです。

整体院優合 院長落合です。 今日も院のデスクからお送りします。 前回、 「坐骨神経痛って疾患名ではなく、 症状なんですよ。」 っていう内容をアップしました。 今日は、 何の疾患で坐骨神経痛という症状が でてくるのかを書いこうと思います。 坐骨神経痛が出てくるので一般的なのは、 腰椎椎間板ヘルニア、 腰部脊柱管狭窄症、 腰椎すべり症、 梨状筋症候群、 仙腸関節炎などです。 これらの疾患は、年代にって