• 整体院 優合(ゆうごう)

え?病名じゃないの?坐骨神経痛。

最終更新: 8月10日

整体院優合 院長落合です。


今日も院のデスクからお送りします。





皆さん、腰に痛みを抱えている方々の

こんな会話を聞きませんか?



「いやー。

 お尻から下にビリビリしたシビレが出ていてさー。

 病院に行ったら、坐骨神経痛ですって言われたよー。

 なかなかシビレは取れないって言われて困ったよー。」



なんて会話ですね。





こんな感じでよく使われる「坐骨神経痛」。



お尻から足の後ろ側にかけての痛みやシビレ、

麻痺などの症状のを「坐骨神経痛」と言います。


坐骨神経痛を病名と思われている方がいますが、

頭痛や腹痛と同じ症状を表す言葉です。





んー、ちょっとわかりにくいですかね。


例えば、

インフルエンザで高熱が出ていたりすると、


病名は、

「インフルエンザ」

症状は、

「高熱」

って感じでしょうか。





この様に、

いろいろな原因によって坐骨神経が圧迫されたり

刺激を受けることで痛みやしびれなどが起こり、

その症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。


なので、なにかの原因(病気)の結果として

お尻や足にシビレが出ている時に、

「坐骨神経痛」って言われます。





それでは、坐骨神経痛が起きる原因(病名)ってなに?

ってことですが、次回書きたいと思います。



本日もお読みいただきありがとうございますm(_ _)m





荒川区台東区で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで ↓↓ 日暮里の「難治性腰痛」専門整体院 優合~ゆうごう~

専用電話

090-8460-7555

「はい、整体院優合です!」と電話に出ますので、 「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

え?病名じゃないの?坐骨神経痛。その2

整体院優合 院長落合です。 今日も院のデスクからお送りします。 前回、 「坐骨神経痛って疾患名ではなく、 症状なんですよ。」 っていう内容をアップしました。 今日は、 何の疾患で坐骨神経痛という症状が でてくるのかを書いこうと思います。 坐骨神経痛が出てくるので一般的なのは、 腰椎椎間板ヘルニア、 腰部脊柱管狭窄症、 腰椎すべり症、 梨状筋症候群、 仙腸関節炎などです。 これらの疾患は、年代にって

116-0014

東京都荒川区東日暮里6-45-14          祥峰日暮里102

開院時間

10:00~21:00​(最終受付 20:00)

​徒歩5分

休院日​

木曜・祭日

Copyright © 荒川区日暮里【難治性腰痛専門】整体院 優合 All Rights Reserved.