• 整体院 優合(ゆうごう)

脊柱管狭窄症になるとどうなるの?

ブログを見ていただき、

ありがとうございます。


今日も、

整体院のデスクからブログを書いています。



腰部脊柱管狭窄症になると、

どの様な代表的な症状にが出てくるか

ご存知ですか?


特徴的なのが、

長い距離を続けて歩くことができなく

なることです。

これが、歩行と休息を繰り返す

間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。



腰部脊柱管狭窄症では腰の痛みは

あまり強くなく、

安静にしている時にはほとんど症状は

ありませんが、

背筋を伸ばして立っていたり

歩いたりすると、ふとももや膝から下に

シビレや痛みが出て歩きづらくなります。



しかし、すこし前かがみになったり、

座ったりするとシビレや痛みは軽減されます。

なので、そこからまた歩けます。


ですが、同じような距離や時間歩くと

シビレや痛みがまた出てきます。





この状態が進行すると、下肢の力が落ちたり、

肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、

逆に尿が漏れる事もあります。


つまり、自分で排尿や排便がコントロール

出来なくなるんです。


ここまでの状態になると、日常生活に大きな

影響を及ぼしてきてしまいます。


その様な状態になる前に処置をしていく事が

大事ですよね。


このような症状でお悩みのあなた、

すぐにご連絡ください。

その悩みを解消するお手伝いをいたします!



荒川区台東区で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで ↓↓

日暮里の「難治性腰痛」専門

整体院 優合~ゆうごう~専用電話

090-8460-7555

「はい、整体院優合です!」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

最新記事

すべて表示

腰の動く範囲を変えたいならここをチェック!!

こんにちは。 今日も院のデスクから ブログを書かせてもらってます。 皆さん腰を前に曲げたり 後ろに反ったり捻ったりした時に 前ほど動けなくなったりしていませんか? そんな時によく 「ここをほぐすと動きが変わるよ。」 と言われているのがお尻の筋肉ですよね。 けど、そこだけでは不十分なんです! お尻以外に腰の動きが変わる箇所。 それは、太ももの外側にある腸脛靭帯と いわれてる箇所です。 ここを緩めてあ

え?こんなところが原因で腰痛に?

こんにちは。 整体院 優合の院長 落合です。 みなさん腰に痛みが出てきた時、 どうしていますか? 腰にシップを貼る? 薬を飲む? 腰を緩めにマッサージに行く? けど、それだと薬の効果が切れたり 時間が経つと痛みが戻りません? これってなぜでしょう? それは、腰の痛みの原因が 腰にはないからです!!! 「ん?どういうこと?」 って思いますよね。 私が診てきた患者さんの中に 慢性的な腰痛で、 5年以上

116-0014

東京都荒川区東日暮里6-45-14          祥峰日暮里102

開院時間

10:00~21:00​(最終受付 20:00)

​徒歩5分

休院日​

木曜・祭日

Copyright © 荒川区日暮里【難治性腰痛専門】整体院 優合 All Rights Reserved.